アレルギー科

花粉症をはじめとするアレルギー性疾患に対して、総合的な治療を行っております。

血液検査によるアレルゲン(アレルギーの原因物質)の同定も含めて、精査を行うことも可能です。食事等でのアレルギーに不安がある方、花粉症等の症状が強い方、お気軽にご相談ください。

特に、花粉症の症状が多くみられる春の季節に、毎年決まった内服薬を内服されている患者さんで、お忙しい中、医療機関や調剤薬局での待ち時間を気にされている方は、「ゆう内科クリニック」にWeb予約をしていただき、診療情報提供書もしくはお薬手帳をご持参の上、受診ください。
「ゆう内科クリニック」の院内処方薬として採用している薬剤につきましては、クリニック内で迅速に処方させていただきます。

院内処方に対応している抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、ステロイド製剤、保湿剤などの薬剤一覧(生活習慣病などの薬剤は含みません)

また、「ゆう内科クリニック」では、高校生以上の患者さんを診療させていただきます。
中学生以下の方の受診はご遠慮いただいております(近隣の小児科専門医を案内させていただいております)。
ご了承いただけますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。

アレルギー性鼻炎

アレルギー性鼻炎の3大症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりになります。ハウスダストや花粉などのアレルゲン(アレルギー反応を起こす原因物質)が、体内の免疫システムを刺激してさまざまな症状を引き起こします。
季節に関係のない鼻炎は「通年性アレルギー性鼻炎」、植物の花粉が原因で起こる鼻炎は「季節性アレルギー性鼻炎」といいます。

花粉症

花粉症とは、スギやヒノキなどの植物の花粉がアレルゲンとなって発症するアレルギー性鼻炎の一つで、季節性アレルギー性鼻炎と言われることもあります。
花粉症は、原因となる花粉により発症時期は異なりますが、日本人に最も多いのは春の季節のスギ花粉症です。他に、春に飛ぶ花粉はヒノキなどがあります。

蕁麻疹(じんましん)

急性のアレルギー反応などにより、皮膚の一部が赤く膨らむ発疹ができて、かゆみを伴う病気です。多くの場合、発疹は数時間から数日で消失し、かゆみの症状も数日程度で軽快しますが、数週間以上続く慢性蕁麻疹もあります。
蕁麻疹は食べ物や、薬剤、精神的なストレス、感染症など起こるとされています。
また、蕁麻疹がアナフィラキシーショックと呼ばれる、重篤なアレルギー反応の症状として出現するケースでは、早急な救急医療機関の受診を必要とする場合があります。

アトピー性皮膚炎

アトピー素因を持つ方に発症する、強いかゆみを伴う湿疹を認める皮膚の病気です。
多くの方は乳幼児期に発症しますが成人となってから発症することも稀にあります。
アトピー性皮膚炎の治療は、ステロイド製剤の外用薬を塗ることや、皮膚の清潔・保湿を保つことが大変重要です。

気管支喘息


「ゆう内科クリニック」では、患者さんからのお話をもとに、血液検査によるアレルゲンの同定をおすすめいたします。
特定の時期や場所、環境によってアレルギー症状が強く出やすい、などのエピソードはアレルゲンを同定する上で、非常に有用な情報となりえます。
ご自身のアレルギー症状をよく観察されて、その特徴を問診の際に教えていただけますと大変助かります。

また、血液検査によるアレルゲンの同定は、下記の「View39」検査を用いて行いますが、これらの検査項目に含まれないアレルゲンは同定できず、患者さんの症状によっては、内服薬や外用薬による対応を先行させていただくこともございます。
この点をどうぞご理解いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

View39の検査項目

View39 構成アレルゲン一覧

吸入系その他
アレルゲン群 アレルゲン名称
室内・家塵 ハウスダスト1
ヤケヒョウヒダニ
樹木 スギ
ヒノキ
ハンノキ(属)
シラカンバ(属)
イネ科・雑草 カモガヤ
オオアワガエリ
ブタクサ
ヨモギ
真菌(カビ) アルテルナリア
アスペルギルス
カンジダ
マラセチア(属)
動物 ネコ皮屑
イヌ皮屑
昆虫 ゴキブリ
その他 ラテックス
食餌系
アレルゲン群 アレルゲン名称
牛乳 ミルク
卵白
オボムコイド
穀・豆類
小麦
ソバ
大豆
ピーナッツ
果物 リンゴ
キウイ
バナナ
その他(食物) ゴマ
肉類 豚肉
牛肉
鶏肉
甲殻類 エビ
カニ
魚類 サバ
サケ
マグロ

アレルギー性疾患の治療には、原因物質の回避が極めて重要です。
その他に、アレルギー反応を抑えるための内服薬、外用薬を組み合わせて治療にあたります。
一般的には、くしゃみや鼻水には抗ヒスタミン薬、鼻づまりには抗ロイコトリエン薬という内服薬を用います。また、皮膚のかゆみに対しては、抗ヒスタミン薬の内服に加えて、ステロイド製剤や保湿剤の外用を併用いたします。

クリニックの概要

名称

ゆう内科クリニック

代表医師

宮崎 雄

診療科目

内科、アレルギー科、脳神経内科
循環器内科、呼吸器内科、糖尿病内科

アクセス

名古屋市営地下鉄・伏見駅「9番」出口 徒歩1分

所在地

名古屋市中区錦1-20-10
HR・NET伏見ビル(旧 IKKO伏見ビル)9F

スタッフ募集

現在募集停止中

TEL

052-212-6085
「ゆう内科クリニック」へのアクセス 「Web予約の取り方」の解説動画
休診日 土曜午後、日曜、祝日、年末年始、お盆
診療時間
9:00-13:00
14:00-20:00
© ゆう内科クリニック | 伏見